banner

育毛剤と発毛剤はどう違うのか

髪に効果的なものとして、育毛剤の他に発毛剤と呼ばれているものがあります。しかしこれらにはいったいどのような違いがあるのでしょうか。
育毛剤は、字からもわかるとおり「髪を育てる」ことを目的とした製品です。つまり現在ある髪を太く成長させて元気にすることが目的です。つまり育毛剤には、基本的に髪の毛を生やす効果がないということになります。
これに対して発毛剤は、髪の毛を生やす目的で使われます。新しい髪の毛が生えてくる効果があるというわけです。育毛剤は医薬部外品がほとんどですが、発毛剤は医薬品もあるのが違いです。
ここまで育毛剤と発毛剤の違いについて書いてきましたが、これはあくまでも言葉の意味です。実際のところ、育毛剤と発毛剤も同じようなものとして認識されています。製品としては育毛剤と発毛剤はしっかり区別されていますが、それらまるごと育毛剤として考えている人は多いのです。
育毛剤と発毛剤はどちらを使うべきなのかは、その人がどんな髪の悩みを抱えているのかによって変わってきます。まずは自分の髪の状態を調べ、原因が何かを追究し、それに対してどちらが有効なのかを考えましょう。髪を元気にするのか、新しく髪を生やすのか。薄毛か抜け毛かの違いです。

Copyright(c) 育毛剤のことを知りたい人へ. All Rights Reserved.